Menu

ただやればいいだけじゃない!社員研修をする際の注意点


どのような目的で実施する社員研修なのか理解する

社員研修を計画・実施する側がまず気を付けなければいけないのは、どのような目的・意図で社員研修を行うのか理解しておくことです。社員研修と一言で言ってもその内容は多種多様であり、対象となる社員も研修内容によって異なります。このため目的などを理解しないままに社員研修を実践しても意味はありませんし、社員側にとっても実のある研修にすることが難しいのです。このため計画・実施する側は必ず社員研修の目的や意図を理解しておかなければいけません。

会社全体で取り組むことが必要

社員研修は実施する人たちだけが取り組んでも内容のクオリティーを高めることは難しいですし、そもそも会社自体が社員研修に意欲的に取り組まなければ社員のモチベーションに繋げることは難しいとされています。このため社員研修を計画・実施する際には一部の人たちだけではなく、会社全体で社員研修に取り組む姿勢や行動が必要です。こうすることで社員の研修参加への意欲を高めることができますし、研修した内容を会社全体で共有することができるのでより高い効果を得ることができます。

社員研修の結果を企画などに活かす

社員研修は実施すればそれでいいというわけではなく、実施した内容を社員や会社が活かしていかなければ意味がありません。そのため社員研修を実施した後はその内容の評価を行い、実際にどのような効果があったのかを測定することで次回の社員研修に活かしていかなければいけないのです。測定方法としては研修後の社員へのアンケートを実施したり、社内での変化について管理職にヒアリングするなどのやり方があります。

その名の通り社員に研修を受けてもらうことです。会社に必要なスキルや技術を磨くための教育です。代表的な例は新人社員研修です