Menu

社員教育で何を学ぶの?社員教育の種類を知り、効果ある教育を実践しよう!


社員教育の種類は、多種多様!

社員教育には、様々な種類があります。社内で実施するか社外に委託するかなど状況の違いで分類する方法、また講義型や体験型などの対面型かeラーニングなどの非対面型など形式の違いで分ける方法などがあります。その中でも社員教育の対象者を階層別や職種別に分ける方法は、適切な内容の教育が実践できると注目されています。

キャリアや実務で分ける?階層別社員教育を知ろう!

階層別社員教育とは、新入社員や中堅社員、管理職など組織の階層で対象者を分ける方法です。それぞれの立場で必要とされる知識や技術、考え方などを身に付けることが期待できます。新入社員向けの教育では、例としてビジネスマナーやコンプライアンス、そしてコミュニケーションを学ぶことが挙げられます。また中堅社員には自分のキャリアを考えたり、セルフマネジメントやフォロワーシップなどを学ぶ教育があります。さらに管理職にはリーダーシップや、部下の教育や組織の目標達成を見据えたマネジメントを学ぶことが求められます。

仕事内容で分ける?職種別社員教育を理解しよう!

職種別社員教育とは、人事職や営業職そして技術職など仕事内容で分ける方法です。その仕事が求めるスキルや知識に特化して学ぶことで、高い専門性が身に付つくことが期待できます。事務職では労務管理やITツール技術の習得などを学ぶことや、自社の抱える課題に適した内容が挙げられます。また営業職では業界知識の向上や購買プロセスの理解、コミュニケーション能力や会話術などの教育が考えられます。そして技術職には専門知識を高めるなど個人のスキルアップと同時に、マーケティングやビジネス視点を持ち顧客のニーズを把握することを目的として教育が必要となっています。

社員に仕事の方法や社会人としてのマナーを学ばせる社員教育ですが、教育の担当者向けに行われる無料のセミナーも数多く開催されています。