Menu

起業する前に知っておきたい!自営業者のメリットとデメリット


自営業のメリットとは?

自営業のメリットはいくつかありますが、もっとも実感しやすいのは自分で得た売り上げが収入に反映されるという点ではないでしょうか。中小企業以上の規模になれば役員報酬などが決められているため売り上げを私的に使うことはできないものの、個人であれば柔軟性があります。生活費を確保することは大切ですが、基本的にノルマを課せられることもありません。その他、営業時間や定休日に業務内容、事業の方向性なども自分で決められるのもメリットです。仕事に支障が出なければ長期休暇を取るのも自由に決めることができます。そのため、費用が安い時期に旅行プランを立てられるというメリットもあります。また、誰かに雇用されるわけではないため、ストレスを感じにくいのもメリットの一つです。

自営業のデメリットとは?

自営業のデメリットは、収入が安定しにくいことです。特に起業したばかりのうちはなかなか安定が見込めないかもしれません。収入が少ない月があっても、それで生活をしなければならないという大変さがあります。病気やケガなど、何らかの事情で働けない時期があっても、その間は誰かが補償してくれるわけではありません。自分で保険に加入するなどの対策をとっておかない限り、生活が困窮することもあるでしょう。また、顧客との間にトラブルが発生した場合、最終的な責任も自分で負うことになります。起業するときは、どのような業種にしても規模に合わせてあらかじめ万が一の事態に備えておくことが望ましいといえます。

フランチャイズとは看板名やサービス、商品を使用する権利をもらう対価として、本部に利用料を支払うという仕組みです。