Menu

円満な人付き合いには欠かせない!プライバシーには十分配慮しよう


親子きょうだいでもプライバシーは大事

家族は最も小さな社会だといわれています。寝食をともにするだけでなく、人生の岐路に立たされたときに相談できるのが家族ですよね。このように、家族な身近な存在ですが、それぞれが適度な距離を保つことも大切です。親子きょうだいの間でもプライバシーに配慮することは、最低限のマナーではないでしょうか。そのひとつに親子の距離があります。子どもが成長につれて親離れするのは当然のこと。親にとって我が子はいつまでも子どもかもしれませんが、1人の人間として尊重したうえで自ら距離を置くことを考えましょう。

人から聞いた話を口にするときは慎重に

社会生活のなかで、友人や職場の同僚などとの付き合いも欠かせません。円滑な社会生活を送るためには、人とのコミュニケーション能力が求められるでしょう。ただし、人と話をするときは相手のプライバシーに踏み込まないことが大事です。誰でも踏み込まれるのを好まない話題が存在するからです。また、他人の陰口や噂話を避けることはいうまでもありません。もし、人から聞いた話を口にする必要があるときも、くれぐれも慎重に行いたいですね。

SNSでの情報発信は取り返しがつかないとの覚悟も

コミュニケーション手段としてSNSを使う人も少なくないでしょう。電話やメールよりも便利なほか、多くの人と情報を共有できるなどのメリットがあります。しかし、他人の情報を扱うときはくれぐれも注意が必要です。写真のアップに際しては、人物や場所が特定できないようにしっかり対策をしましょう。一度アップされた情報は瞬く間に拡散されるため、取り返しがつかないとの覚悟も必要です。SNSは便利なだけに、プライバシーへの配慮は大きな課題になります。

機密文書とは会社などの組織の中で、大切な秘密を保持する必要がある書類の事をいいます。極秘文書や秘密文書、社外費文書の3つにわけることが出来ます。