Menu

引っ越しの片付けで大事なこと!捨ててから場所ごとに箱詰めする!


段ボールにはあった場所と中身を書く

引っ越しの片付けは何も考えずにすると、あとで困ることが多いです。特に段ボールに入れてしまうと、中身が何か分かりません。そのため、片付けるときに中身を分かりやすくする必要があるのです。また、中身とともにあった場所を段ボールに書いておくと、引っ越しした先で段ボールの置場所に困ることが少ないです。引っ越しでは混乱することが多いので、とりあえず段ボールを部屋に置いてしまいます。しかし、そこからなかなか片付かないのです。そうならないように元々あった場所を段ボールに書いておけば、使う場所が分かりやすいでしょう。

部屋ごとに要らないものを処分する

引っ越しの片付けで大事なのは不用品の処分です。要らないものを引っ越し先に持っていっても、捨てるだけです。そうならないように、段ボールに入れる前には不用品を別にとっておきます。この仕訳ができていないと、引っ越しする荷物が増えてしまうのです。仕訳をするコツは日常的に使っていないものは処分することです。部屋の広さは限られていますので、日常的に使っていないものは置いておくスペースがありません。引っ越しをするときには処分品も片付けることが大事です。

バラバラになってもいいように番号をつける

引っ越し先で中身がわからなくなり、困ることを避ける方法として、通し番号をつけておくことが大切です。部屋ごとに通し番号があると、何番には何が入っていると分かります。これがあれば、引っ越し業者が段ボールを置いていくのを忘れることなくなります。物をなくさないコツにもなりますので、片付けをするときにはこの方法を利用しましょう。

不用品の回収サービスは、自治体の粗大ごみの回収よりも安い料金で家具家電をまとめて引き取ってもらうことも可能です。