Menu

用途に合わせて使い分けよう!自分に合った倉庫選びのポイントって?


自宅では保管できない荷物はどうする?

自宅に十分な収納スペースが無かったり、倉庫に入りきれない大きな荷物があって悩んでいる人におすすめなのが、レンタル倉庫を利用する方法です。さまざまなタイプのレンタル倉庫があるので、倉庫選びのポイントをしっかり押さえた上で、自分に合った倉庫を選ぶようにすると良いでしょう。

大型の荷物は屋外コンテナタイプがおすすめ

引越やリフォーム時に家具を一時的に預けたい場合や、年に数回しか使わない大型のレジャー用品を預けるなら、屋外コンテナタイプの倉庫がおすすめです。荷物を積んだ車を倉庫に横付けできるシステムのところが多いので、荷物の出し入れが楽にできるようになっています。ただし、屋外ということで屋内のトランクルームに比べてセキュリティ面での不安があるため、利用する場合は防犯カメラの設置や、セキュリティ体制がどうなっているかをしっかり確認しておくことをおすすめします。

セキュリティ面を重要視するならトランクルーム

屋内のトランクルームは建物の出入りに鍵が必要になり、24時間体制で監視を行っているところも多いので、セキュリティ面については屋外コンテナタイプに比べ安心と言えるでしょう。また、温度や湿度管理が厳重に行われているトランクルームなら、温度や湿度管理が難しい美術品や楽器の保管にも向いています。ただし、こうしたトランクルームの中には利用者であっても、自由に物の出し入れができないところもあるので注意が必要です。

レンタル倉庫の探し方

目的に合った倉庫を効率良く探したいなら、レンタル倉庫の検索サイトを利用すれば、預けたい物や出し入れの頻度などに合わせて、最適なレンタル倉庫を選ぶことができるので便利です。

ネット通販の影響により、物流システムが変化しています。その一つとして、不在届をなくすためにコンビニで商品を受け取れるようにしたサービスが挙げられます。