Menu

高速処理で省電力のパソコンがある!!電気代を大幅に節約!!


省電力向けのCPUを搭載したタイプ

CPUはパソコンの中でも重要な部品で、開発メーカーはより高速処理ができるものを開発しています。以前は高速化が高性能CPUの象徴でしたが、最近は高速化だけでなくその他のメリットがあるCPUも登場してきました。以前のCPUと処理スピードは変わらないが少ない電気で処理できる省力化CPUがあり、こちらを利用すると電気代の節約が可能です。会社などの法人では社員がパソコンを使うためにパソコンによる電気代の増加が問題になっていましたが、CPUの省電力化を進めた法人向けパソコンにより企業内の電気代を減らせています。パソコンの台数が少ないと効果は少ないものの、多くの社員がいて多くのパソコンを使っている会社ほど節電効果が期待できます。

ディスプレイの無駄な電気を減らせる

家庭向けのパソコンとしてはデスクトップタイプよりノートタイプの方が多いかもしれませんが、社内作業をする社員が使う法人向けパソコンとしてはデスクトップタイプがそれなりに使われています。パソコン本体とディスプレイやキーボードなどが別になっていて、ノートタイプよりも姿勢を正して作業ができるメリットがあります。デスクトップタイプでは本体とディスプレイのそれぞれに電源がありますが、本体の電源操作のみをする社員が多いところだとディスプレイの電気が無駄に消費されます。法人向けパソコンにおいてはパソコンからディスプレイの電源を供給できるタイプがあり、パソコンの電源を切ると自動的にディスプレイの電源も切れるので無駄な電気代削減が可能です。

ビジネスパソコンは、ビジネスマンの多くが利用している、デザイン性よりも機能性や耐久性を重視した比較的価格の安いパソコンのことです。