Menu

どんなフランチャイズで独立起業するのが良い?


投資金額面で検討してみる

会社員を辞めて独立起業を目指すならフランチャイズ加盟店に参加するのがおすすめです。自分一人の力で全て1からスタートさせようとすれば、ありとあらゆる部分で負担が大きくなります。これではかなりリスクを背負った状態での独立起業となるため、避けたいところです。フランチャイズ加盟であれば、初めての商売でもすでにその加盟店としての知名度はありますし、会社経営に関するノウハウもマニュアル化されていますので安心です。あとは初期投資費用がどれくらいかかってくるかでしょう。自己資金が100万円もあれば独立起業できるような商売も存在しています。自分がしたい仕事で初期投資費用も抑えられるような仕事を見つけるのがベストです。

自己資金が少なくても成り立つフランチャイズ

それほど纏まった自己資金はないものの、とにかく独立起業したい人にぴったりなのが、飲食業界の中の移動販売です。この移動販売は100万円もあれば、独立起業できると言われています。飲食店で働いた経験もなければ、料理をした経験もないという人もいるでしょう。しかし、フランチャイズ加盟であればそんなに不安を感じる必要がありません。その理由は、会社として移動販売におけるノウハウ等がマニュアル化されていて、それを伝授してもらえますし、きちんとした研修も行ってもらえます。一人前の移動販売のオーナーに育ててくれるわけです。自分一人の力でフランチャイズを使わずに飲食店で働こうと思ってもなかなかうまく行きませんので、フランチャイズは使い勝手がとても良いです。

代理店は、メーカーの代理として製品の販売を行う形態です。それに対し販売店は、メーカーから仕入れて在庫を抱えて販売を行う形態を指すのです。